So-net無料ブログ作成
日曜洋画劇場 猿の惑星 ブログトップ

日曜洋画劇場 猿の惑星 [日曜洋画劇場 猿の惑星]

最新作「猿の惑星:創世記」が爆発的大ヒットした「PLANET OF THE APES/猿の惑星」日曜洋画劇場で待望のテレビ放送ヽ(^o^)丿

猿の惑星 画像1.PNG猿の惑星 画像2.PNG

日曜洋画劇場「PLANET OF THE APES/猿の惑星」
11月13日(日) 21時00分~23時10分

【あらすじ・ネタバレ】
2029年、人類はチンパンジーを宇宙パイロットの相棒に選び、宇宙へ開発の手を伸ばしていた。訓練されたチンパンジーのパイロット、ペリクリーズは深宇宙のスペース・ステーション、オベロン号に乗り込んでいた。

その時、宇宙空間に異変が!
ペリクリーズは偵察ポッドに乗り込んで調査に向かうが、交信不通となる。ペリクリーズが気になり、宇宙飛行士レオ(マーク・ウォルバーグ)は宇宙へ飛び出した。

熱く燃え上がったポッドからどうにか脱出したレオ。しかしそこには逃げ惑う原始的な人間たちと、彼らを狩って楽しむ猿たちの姿があった。しかも、猿は言葉を喋っている。この謎の惑星は知性を持った猿たちに支配され、人間はその奴隷として扱われていたのだ。

レオはオベロン号を捜し、どうにかして地球へ戻ろうと希望をもった。

やがてレオの勇敢な行動に、人間の美女デイナ(エステラ・ウォーレン)やチンパンジーの女性アリ(ヘレナ・ボナム=カーター)ら少数の猿たちが、彼と行動を共にするようになるのだが…

【キャスト】
監督 ティム・バートン
[レオ・デイビッドソン] マーク・ウォルバーグ(森川智之)
[セード] ティム・ロス(小山力也)
[アリ] ヘレナ・ボナム=カーター(田中敦子)
[アター] マイケル・クラーク・ダンカン(菅生隆之)
マイケル・クラーク・ダンカン 直筆サイン入り写真
[カルービ] クリス・クリストファーソン(糸博)
[デイナ] エステラ・ウォーレン(甲斐田裕子)
エステラ・ウォーレン 直筆サイン入写真
[リンボー] ポール・ジアマッティ(斎藤志郎)
[クラル] ケリー・ヒロユキ・タガワ(池田勝)
[サンダー] デイビッド・ワーナー(大木民夫)

日曜洋画劇場 PLANET OF THE APES/猿の惑星
絶対、見逃せない(@_@)

共通テーマ:テレビ
日曜洋画劇場 猿の惑星 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。